SSCAIホームページ

SSCAI データベース
 ◆ 薬物事典 


SSCAI_DRUG(50音順)
CL 218.872 クロミプラミン トリメタジオンプロカイン
DOET クロルプロマジンドロペリドール プロトリプチリン
DOMコカイン ナロルフィンベメグリド
LSD(LSD-25) コデインニアラミドヘロイン
MDMA サフラジンニトラゼパムペンタゾシン
TMAジアゼパム ノミフェンシンペンテトラゾール
アスピリン ジエチルプロピオンノルトチプチリン ペントバルビタール
アトロピン ジヒドロモルヒネノルモルヒネ マプロチリン
アミトリプチリン ジブカインバクロフェンメスカリン
アモキサピン ジベンゼピンハルゼパムメタカロン
アモバルビタール スリクロンハロペリドールメタドン
アルプラゾラム スルピリドピモジドメタンフェタミン
アンフェタミン スルホナールフェネルジン メチプリロン
イソカルボキサジドセコバルビタール フェノバルビタールメチルフェニデート
イソニアジド ゾピクロンフェンシクリジン メピバカイン
イプロニアジド デシプラミンフェンタニル メフェニシン
イミプラミン テトラカインフェンフルラミン メプロバメート
エトスクシミド テトラヒドロカンナビノールフェンメトラジン メペリジン
エルゴタミン テバインプシロシビンメホバルビタール
オキサゼパム テマゼパムプシロシンモルヒネ
オキシモルホン ドキセピンブタバルビタール リドカイン
オピプラモール トラニルシプロミンブタルビタール レセルピン
カルバマゼピン トリアゾラムブホテニンレボルファノール
クロナゼパム トリプラミンプラゼパムロラゼパム


■以下は上記薬物を、主な用途別に並べ変えたものである.

SSCAI_DRUG(主用途別)
●感情抑制薬 トリミプラミン
●興奮薬メチルフェニデート
●筋弛緩剤バクロフェン プラゼパム
●血管収縮薬エルゴタミン
●幻覚剤LSD(LSD-25) テトラヒドロカンナビノールブホテニン
●交感神経興奮剤メタンフェタミン
●向精神薬スルピリド
●抗うつ剤アミトリプチリン アモキサピン イソカルボキサジド
イプロニアジド イミプラミンオピプラモール クロミプラミン
サフラジン ジベンゼピンデシプラミンドキセピン
トラニルシプロミンニアラミドノミフェンシン ノルトチプチリン
フェネルジン プロトリプチリンマプロチリン
●抗てんかん,痙攣薬エトスクシミド カルバマゼピン トリメタジオン
クロナゼパム
●抗結核薬イソニアジド
●抗不安薬アルプラゾラム オキサゼパムジアゼパム
スリクロン ゾピクロンテマゼパムニトラゼパム
ハルゼパム ブタバルビタール
●サイケデリック薬CL 218.872 DOETDOM
MDMATMA プシロシビンプシロシン
メスカリン
●催眠剤,鎮静剤アモバルビタール フェノバルビタール ブタルビタール
メタカロン
●持続性催眠薬スルホナール
●食欲抑制ジエチルプロピオン フェンフルラミン フェンメトラジン
●神経抑制剤ハロペリドール ピモジド
●精神安定剤メプロバメート レセルピン
●静穏薬ロラゼパム
●中枢興奮剤アンフェタミン ベメグリド ペンテトラゾール
●中枢性筋弛緩薬メフェニシン
●鎮静剤・鎮静薬アスピリン アトロピン クロルプロマジン
ジヒドロモルヒネ セコバルビタールナロルフィン ノルモルヒネ
ペントバルビタールメタドンメチプリロン メホバルビタール
●入眠薬,麻酔前投薬トリアゾラム
●麻酔剤・麻酔薬コカイン ジブカインテトラカイン
テバイン ドロペリドールフェンシクリジン フェンタニル
プロカイン メピバカインリドカイン
●麻薬,鎮痛薬オキシモルホン コデインヘロイン
ペンタゾシン メペリジンモルヒネレボルファノール


【ちょっと読物/薬物事典について】

 本事典は、SSCAIデータのうち、分子モデルを組み立てた96データを閲 覧できるようにしたものである.
 痛みを和らげ、心の病を癒し、眠れぬ時に安らかな眠りを贈る・・・.“薬物” は医療用などに重要なものであるが、古来から誤った目的に用いられて多くの悲 劇を生み出してきたことも事実であり、残念ながら今後も社会問題として取り上 げられ続けるであろう.
 化学の発達により、薬物や脳内の神経伝達物質などの働きがかなり解明され、 新しい薬物も数多く合成されている.本事典で示されるような分子を、ほんの少 し摂取するだけで、心や脳が影響を受けてしまうというのは、考えてみれば不思 議なことである.それらが人間の幸せのために使われ続けられるように、この事 典から薬物の正しい知識を得てもらえたらと思う.
 薬の分子構造と人体に対する影響の関係は、極めて興味あるテーマの一つであ り、例えばこの事典で見ることのできる薬物分子のほとんどが、N(窒素)を含 んでいることなどは興味深い.Nが必ずしも、すべての薬物の作用の中心部位と いうわけではないだろうが、アルカロイドに分類される一群の化合物に代表され るように、重要なキーの一つには違いない.そのNの特異性を楽しく論じた、 「構造活性相関」の古典とも言えるような、有機化学者・小竹無二雄(1894-1976) の一文を、以下に示そう.


も ひ

   白芥子や時雨の花の咲つらん          芭 蕉
   けしの花籬すべくもあらぬ哉          蕪 村

  (中 略)
 話は飛ぶが、前にも言ったように、中国の伝説に出て来る蟇仙人に仕えている 蟇は前足が二肢、後足が一肢という変ったものだそうであるが、ちょうど虞美人 草が虞美人の化身だという言い伝えをここにもって来て、蟇仙人の蟇が蛙の真似 をして水に飛び込んで溺れ死んだ後に菱ができたという作り話をこしらえて見る と、どうもこの菱は棘が三つでないと都合が悪い.そこで四つ角菱二つ角菱等の 仲間に三つ角菱というものが仲間入りをして来てもよいことになり、この菱には 何か魔がさしておってもよかりそうである.
 私は劈頭から何ということなしに四つ角菱に炭素、二つ角菱に酸素や硫黄をあ てがい三つ角菱に窒素をふりあてて来たが、窒素にこの物語りをあてはめて行く と窒素を持っている物が何か不可思議な性格をもっているのもうなずくことがで きる.第一にアミノ酸という窒素の崇拝者連中が寄り集まって蛋白という私共に も手の下しようのない代物を作っているかと思っているとグルタミン酸やプロリ ン等と言うアミノ酸は「うまい」と言う味の所有者であったり、かと思うと遺伝 の魔法を司るのが、またアミノ酸の一つのトリプトファンの分家のオキシトリプ トファンであったり、真に端倪すべからざるものがある.アセトアニリドすなわ ちアンチヘブリンのごときも、誰が見ても、こんなものが強い解熱作用を持つと は思われないのに、人によって中毒はするものの今だに愛用されるのも蟇菱の化 身の窒素が中心になっていればこそであろう.
  (中 略)
 ところで仙人の蟇をもち出して来たのにはもう一ついわれがあるのであって、 窒素は蟇の化身だけに角が三本ときめて置いても、このモルフィン自身は水にと けぬ癖に塩酸水にも酢にもわけなく溶けてしまうのである.これを些細にしらべ ると、塩酸や醋酸のような酸を窒素菱が抱き込み、その結果として塩酸モルフィ ンや醋酸モルフィンができて溶けているのである.それにしても角は他の元素と の結びつきにもうすっかりつかっているのにと思うと、チャンと妖術をつかって 怪しげな角を、どこにかくしているものか二つも出して、塩酸なら塩素と水素と にわけてこの角に吸いつけているのである.すなわち窒素菱は三つ角菱に違いな いが、隣の炭素に酸素がついてけん制していない限りは、酸が近くへ来ると腹の 中から角を二つ出して五つ角菱に化けて他の元素菱の角五つと吸いつき合うもの なのである.これが窒素化合物の特性であって、化学者は研究にしばしばこの特 性を利用して隠れている窒素の有無や性質までも調べる方便につかっている.
  (以下略)

《引用》伏見康治・監修,「日本の科学精神2 自然に論理を読む」,
p.303,工作社(1978)/初出,1949


 その他、薬物の化学については、以下の入門書・解説書などを参考にして下さい.

※薬物事典作成に当たっては、県立新潟女子短期大学・生活科学専攻の1994年度 卒業生である、保苅由美子さんの協力を得ました.ここに謝意を表します.


SSCAIホームページ