膜分離工学 分離膜の膜モジュール1

「化学工学資料のページ」に戻る
伊東研


取材協力:膜分離技術振興協会

分離膜は取り扱いの便利のため、ハウジング内に納められた膜モジュールとして製品化される。

平膜として製膜された分離膜は図の積層膜モジュールで濾紙のように一枚毎に使用される他、スパイラル型やプリーツ型モジュールとなる。逆浸透膜は耐圧の関係からほとんどがスパイラル型膜モジュールである。スパイラル型は膜を透過側スペーサ(網)を挟み分離膜を封筒状に接着して、これを透過流路である軸に供給側スペーサを介して巻き付ける構造になっている。プリーツ型は精密濾過膜に用いられ、円筒容器に平膜を折り畳んで収納する。通常使い捨てで使用される。

積層型平膜濾過装置 

平膜モジュールエレメント(水処理用・精密濾過膜)

回転平膜型装置(限外濾過膜)

スパイラル型膜モジュール(逆浸透膜) 

スパイラル膜モジュール

 

【参考】日東電工のホームページではスパイラル膜の構造をアニメで紹介しています 必見!(YouTube版)

カートリッジフィルター