化学工学系雑誌のインパクトファクター

「化学工学資料のページ」に戻る
伊東研


我々大学人も業績評価がやかましくなってきている。大学人の業績とは「論文の数」である。論文の数は専門分野によりその数を稼ぎやすい分野とそうでない分野の差が大きい。化学工学の分野は論文生産数が少ないほうで、普通は研究者あたり年に数報程度であろう。(研究をしていないわけでなく、化学工学の論文として認められるような成果の割合が小さいということ。(言い訳・・))おとなりの応用化学分野ではこの数倍が常識的。さらに上には上があり、医学の分野は別世界で、年に数十があたりまえ、医学部教授ともなると累計1,000報を超えるという方も珍しくない。(週刊誌だね。)

そのような別世界の医学界では、業績の比較において数百という論文の数を比べても意味がないということで、教授選考などでは個々の論文にその「重要度」を乗じた総計値で評価するようになっている。

[リンク> 広大フォーラムより 歯学部教授選考の背景と経過 歯学部教授選考をめぐって

論文の重要度は本来はその論文自身の引用頻度citation indexで評価されるべきであるが、引用は何年も後のことであるし、個々の論文についての調査するのは煩雑である。そこで、簡便法として、論文の重要度をその論文が掲載された雑誌のImpact Factor (IF)で代用することが多くおこなわれる。

[リンク>インパクトファクターとは何か:正しい理解と研究への生かし方(愛知淑徳大学文学部図書館情報学科山崎氏)

この雑誌毎のIFの値は、米国のISIのScience Citation Index(SCI)の年度末サマリーであるJournal Citation Report(JCR)に公表されている。JCRは多くの大学図書館にある。

IF の計算方式は実に単純で、

IF =

(その雑誌の前年および前々年掲載論文の当該年内被引用回数)

(その雑誌の前年および前々年掲載論文数)

である。すなわち他の論文で引用された論文が多く掲載されている雑誌が、結果として数値が大きくなる。例えば著名な科学誌 ScienceなどはIFが20以上あるが、これをこの雑誌の論文1報は並の論文の20報分の重要度があるというふうに解釈することになる。

化学工学関係の雑誌についても IF が出ているので示してみる。

 

1994年

1997年

1998年

1999年

2002年

2004年

2006年

2007年

2008年

Adsorption

     

1.043

0.931

 

0.590

0.833

 

AIChE Journal

1.359

1.338

1.420

1.537

1.793

1.761

2.153

1.607

 

Angew Makromolekulare Chemie

0.548

0.465

0.488

 

0.755

       

Biotechnology and Bioengineering

2.474

1.979

2.059

 

2.037

 

2.999

3.037

 

Canadian J. of Chemical Eng.

0.532

0.517

0.508

0.569

0.679

 

0.480

0.463

 

Chemical Engineering and Processing

             

1.156

1.518

Chemical Engineering Communications

0.385

1.219

0.356

 0.254

0.410

 

0.350

0.450

 

Chemical Engineering Journal

             

1.707

2.813

Chemical Engineering Progress

0.467

0.523

0.324

 0.451

0.966

 

0.293

1.156

 

Chemical Engineering Research & Design

   

0.516

0.686

0.605

 

0.747

0.837

0.989

Chemical Engineering Science

0.902

1.083

0.998

1.218

1.547

1.655

1.629

1.775

1.884

Chemie Ingenieur Technik

0.257

 

0.380

0.663

   

0.407

0.401

 

Chinese J. Chem. Eng.

     

0.261

0.233

 

0.393

0.462

0.572

Computers & Chemical Engineering

             

1.238

1.755

Desalination

0.318

0.278

0.285

 0.434

0.658

1.057

0.917

0.875

1.155

Environmental Science & Technology

2.603

3.623

3.511

 

2.707

 

4.040

4.363

 

Fluid Phase Equilibria

0.906

1.065

0.829

0.929

1.217

 

1.680

1.506

 

Ind. & Eng. Chem. Research

1.056

1.211

1.229

1.29

1.351

 

1.518

1.749

 

Indian J. Chem. Techn.

     

0.317

0.197

 

0.301

0.429

 

J. of Applied Polymer Science

0.87

0.841

0.886

 

0.992

 

1.306

1.008

 

J. of Chemical Engineering of Japan

0.611

0.566

0.687

0.690

0.690

 

0.594

0.594

 

J. of Chemical Tech. and Biotech.

   

0.844

1.018

0.970

 

1.276

1.426

 

Journal of Membrane Science

1.492

1.36

1.406

1.581

1.706

2.108

3.422

2.432

3.247

J. of Polymer Science Part A Chem

1.299

1.202

1.237

 

1.975

 

1.306

3.529

 

J. of Polymer Science Part B Phys

1.35

1.327

1.031

 

1.180

 

1.306

1.524

 

J. Supercritical Fluids

             

2.189

2.428

Kagaku Kogaku  Ronbunshu化学工学論文集

   

0.469

 0.226

0.355

 

0.294

0.327

 

Korean Journal of Chem. Eng.

0.081

0.18

0.322

 0.304

0.895

 

0.808

0.747

 

Macromolecules

3.016

3.50

3.440

 

3.733

 

4.277

   

Polymer

1.36

1.358

1.370

 

1.681

 

2.773

   

Polymer Journal

0.905

0.974

0.979

 

0.941

 

1.146

1.421

 

Powder Technology

             

1.130

1.766

Separation and Purification Methods

0.875

1.167

0.571

1.286

2.250

       

Separation and Purification Technology

   

0.091

0.707

0.550

1.227

2.497

2.142

2.503

Separation Science and Tech.

0.838

0.761

0.695

0.911

0.862

 

0.824

1.048

 

Water Science and Technology

0.665

0.775

0.896

 

0.605

   

1.240

 

Zeolites

1.829

2.225

1.771

           

いろいろと興味深いが、先ず驚くのは、この単純な式で機械的に算出された係数が、我々が何となく感じている「学術雑誌のランク」にかなりよく一致していることである。インパクトファクターがこれだけ一般化した秘密は、 「雑誌の権威」というあいまいなものをドライに数値化し、それが実際に一般の感覚に合っていたことにあるのだろう。

J. Memb. Sci. がAIChE J.の上なのはご同慶の至りである。わがJ. Chem. Eng. Japanはあれだけ審査が厳しいにもかかわらず、IFが意外に低いのは残念である。Korean .J. of Chem. Eng.などは創刊間もないのにIFが出るだけ立派である。

各国の化学工学会発行雑誌ランキング!

 

1994年

1997年

1998年

1999年

2001年

2009年

米国AIChE Journal

1.359

1.338

1.420

1.537

1.793

1.955

台湾 J. Taiwan Inst. Chem. Engrs.           1.412

韓国Korean Journal of Chem. Eng.

0.081

0.18

0.322

 0.304

0.895

0.893

中国Chinese J. Chem. Eng.

     

0.261

0.233

0.693

カナダCanadian J. of Chemical Eng.

0.532

0.517

0.508

0.569

0.679

0.63

日本J. of Chemical Engineering of Japan

0.611

0.566

0.687

0.690

0.690

0.498

英国Chemical Engineering Research & Design

   

0.516

0.686

0.605  

ドイツChemie Ingenieur Technik

0.257

 

0.380

0.663

   

インドIndian J. Chem. Techn.

     

0.317

0.197  

もちろん単純であるだけに、IFには問題も多い。前年2年間の引用というのは化学工学分野では明らかに短期間過ぎる。日本語の雑誌は対象外である。雑誌によってはIFを上げるために特に対策をおこなっているところもあるようである。

インパクトファクターを上げるための対策例
・編集委員会が投稿者に自雑誌の論文を引用するよう勧める
・投稿から掲載までの期間を極力短くする
・レビュー論文を増やす
・年間刊行冊数を増やす

自分が投稿した雑誌のIFを見て面白がっているにはいいが、IFが実際に自分の業績評価に使われるほど世知辛くならなければよいが。