実習 プロセスシミュレーション


化学プロセス設計はプロセスシミュレータとよばれるソフトによりなされる。この中に物性値や化工設計の基礎事項が入っており、ケミカルエンジニアはプロセスのアイデアを試し、基本設計をおこなう。このようなプロセスシミュレータは 以前は大型計算機上で動いていたが最近はパソコン上で動くようになり、手軽に使えるようになってきた。ケミカルエンジ>ニアの日常業務やプロセスの企画にプロセスシミュレータがどのように役に立つのかを、パソコン画面上で機器配置を描くと定常状態計算をおこなう、シムサイ社のPRO/U、PROvisionで体験実習する。

課題1
メタノール50mol%,水50mol%(xf =0.5)の混合液F =0.6mol/sを連続単蒸留する。供給液速度留出液速度D [mol/s],缶出液速度W[mol/s]の比率を変えて、各々のメタノールモル分率yD. , xW をシミューレーションする。
レポート:メタノール/水系の気液平衡図(-線図)上に操作線と結果を描く。

sim1.gif (3238 バイト)

課題2
メタノール合成プロセスの最終精製工程でメタノール水溶液からメタノールを精製する。原料流量F = 1694kg-mol/hr, xf =0.777を理論段の数12の蒸留塔で分離する。還流比R=L/Dを変えてシミュレーションをおこなう。
レポート:1.一例につき例の形式で塔内組成を描く。
.還流比に対して製品組成とコストの関係をプロットする。(¥2,700/1×106kcal)

sim2.gif (3489 バイト)

sim3.gif (7828 バイト)