計算できる化学工学資料 精留の塔内濃度計算(グラフつき)
連立非線形方程式の解法にVBScript, グラフにJavaApplet "Chart.class"(日本大学・吉川氏作成)を使用。Internet Explorer上のみ動作します。

「化学工学資料のページ」に戻る
伊東研


dis8_1.gif (4792 バイト)

理論段の数8(段数7+リボイラ)の蒸留塔で相対揮発度α=の2成分系混合物を分離する。 = 1 kmol/hr , 供給濃度 =, = 、および以下の設定条件での塔内濃度分布を計算し、塔の分離性能 を調べる。

参考>マッケーブ・シールの原論文

マッケーブ・シールの方法による物質収支より、
@ 塔全体の物質収支: Fz = D xW x
A [3,2],[4,3],[5,4],[6,5]について濃縮部操作線: =(/()) +(/())
B [7,6],[8,7],[9,8]について回収部操作線: = ((+qF)/(+qF)) − (/(+qF))
C [,2],[3,3],[4,4][5,5],[6,6],[7,7],[8,8],[9,]について気液平衡関係: α/(1+(α-1))
以上16の未知数の非線形連立方程式を解く。ここでは「擬似ニュートン法」で解いている。(反復回数
このとき、塔内の気液の循環・接触を駆動しているのは塔底のリボイラから発生する蒸気流量 V' = L -W + qF である。還流比を上げ、塔の分離性能を上げるにはこの蒸気量を増やさなくてはならない。この蒸留塔のリボイラに投入したエネルギーと塔の分離性能との関係を検討する。

設定条件: 還流比R =L /D =、( -

  V' = kmol/hr

                                    【グラフの説明】
dis8_2.gif (3966 バイト)