計算できる化学工学資料 逐次反応

(VBScript, JavaApplet "Chart.class"(日本大学・吉川氏作成)を使用。Internet Explorer上のみ。)


簡単な逐次反応,
A→R,  r1 =k1CA
R→S,  r2 =k2CR
では、各成分の濃度を表わす微分方程式が次のように書ける.(濃度の単位は任意。)

dCA/dt = -k1CA
dCR/dt =k1CA - k2CR
dCS/dt = k2CR

初期濃度をCA= 1, CR = 0, CS = 0 として、この連立常微分法方程式をRunge-Kutta法で積分する。ただし、
k 1 =k 2 = とする。

積分範囲: 0 からまで。積分刻み幅。誤差許容限界

  注