圧縮係数


SRK式:圧縮係数 (z=PV /RT) を計算するには Soave-Redlich-Kwong 状態方程式(SRK式)がよく用いられる。

BWR式:また、Lee and Keslerは各物質の偏心因子ωと、炭化水素のPVT を個々に定式化したBenedict-Webb-Rubin式を利用して、z の相関式を提案している。

式中の定数は基準物質としてω= 0 のAr などの球形分子を、参照物質としてω= 0.3978 (=ωr )の n-C8H18 により決められた。この式は Tr =0.3〜4, pr =0〜10の広範囲の気液両相に適用できる。Tr , pr からz を求める場合、計算上はVr に関する非線形方程式を解くことになる。