パラメーター推定2  ミカエリス−メンテン式


【例題】 酵素反応の重要な基礎式がミカエリス−メンテン式である。

Eを溶液中の酵素、Sは酵素の基質(反応物)、ESは酵素-基質複合体、Pが生成物とする。多くの酵素触媒反応は次の機構で進行すると考えられている。

酵素の濃度が基質の濃度に比べて十分小さいとして、中間化合物ESに対して擬定常状態を仮定する。ESに着目した反応速度は、

 

全酵素濃度(最初に溶液に入れた酵素量)を[E]t ( =[E]+[ES] )とすると、擬定常状態とは r ES = 0 だから、

すなわち、

 したがって、反応速度 r は次式となる。これがミカエリス−メンテン式である。

以下、反応速度 r [mol/(L-s)]、基質濃度 C [mol/L]、K, r MAXをパラメータとして、上式を

として取り扱う。