「道具」の特徴 ホームページプログラミング 


インターネットブラウザに付属にプログラミング言語が活用されていない。十分技術計算用に使えるものであり、今後のプログラミング教育の標準となるものと予想している。サーバーサイドプログラミングにより、データベース連携などの本格的利用も可能である。ここではグラフを描いてみる。

【実習:ba01.html の作成】

以下をテキストファイルで作成し、ba01.html の名前で保存する。同じディレクトリにJavaアプレットファイル chart3.class を置いてから、InternetExplorer でba01.html を開く。

<html>
<head>
<title>ba01</title>
</head>
<script language="VBScript"><!--
Sub drawSin()
chartApplet.drawLine 0, 100, 400, 100
y0=100
For I=1 to 400
y=100*sin(I/63)+100
chartApplet.drawLine I-1, y0, I, y
y0=y
Next
End Sub
--></script>
<BODY >
<applet code=Chart3 name=chartApplet width=400 height=200>
</applet>
<HR>
<INPUT TYPE="button" VALUE="sin(x)" onClick="drawSin()">
<INPUT TYPE="button" VALUE="Clear!" onClick="document.chartApplet.clear()">
</body>
</html>