「道具」の特徴 プロセスシミュレータ 


物性値データベースと連立方程式解法プログラムが一体化したもの。パソコン画面上で機器とフローを構成することで、そのプロセスを定式化するところまでおこなう。ブラックボックス的で、扱い易そうであるが、実際には使いこなしに化学工学の知識と経験が必要である。単位換算が簡単に行えることも重要な機能である。